診療方針

当院の診療方針

・対症療法ではなく、原因を追及して根治療法を提供します
・西洋医学と東洋医学をどう組み合わせるのが有効かを常に考えて診療を行っています
・肉体だけでなく、精神の安定も重視して診療を行っています
・疾患の治療だけでなく、予防のためのサポート、体調管理を重視しています
・かかりつけ医と連携して、漢方薬での補助を行います

対象疾患
・西洋医学的には内科全般、特に糖尿病と甲状腺疾患を専門的に診ています
・東洋医学的には科の区別なく全科が対象です
 体質的な特徴や生活習慣、生活・職場環境を考慮して、体質改善による根治を目指します


代表的な疾患

アトピー性皮膚炎蕁麻疹にきび、乾癬、肌荒れ、乾燥肌、しもやけ
花粉症などの各種アレルギー疾患、慢性鼻炎、副鼻腔炎めまい耳鳴、難聴
冷え症月経困難月経不順、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、更年期症候群
不妊症、不育症、乳汁分泌過少
便秘、胃腸虚弱による軟便・下痢、胃炎・胃潰瘍、逆流性食道炎、機能性ディスペプシア
肝機能障害脂肪肝、胆嚢・膵疾患の補助療法
気管支炎、気管支喘息の補助療法、
高血圧症・狭心症・心不全の補助療法
慢性腎臓病の補助療法
首・肩こり神経痛肩関節周囲炎腰痛脊柱管狭窄症 、変形性膝関節症ヘルニア
自律神経障害起立性調節障害不眠症、うつ状態、各種神経症、ストレス対策
低気圧に伴う各種症状(めまい、天気痛など)

近年、PM2.5や黄砂による鼻炎・副鼻腔炎
   新型コロナ感染後の体調不良や後遺症
 の方が増えており、かなり成果を上げております。